キャッシングの過度な利用に要注意!気をつけたい2つのポイント

人生で初めてキャッシングを利用してお金を借りる人は、まるで自分の銀行口座に自由に使えるお金ができたように錯覚する人がいます。これは相当危険です。

お金を借りる際に気をつけておきたいポイントが2つあるのですが、これが一番優先で危険度が高いと言っていいでしょう。キャッシングは「借金」ということを忘れてはいけません。返済しないといけませんし、返済する際には利子もしっかりとかかってきます。それを承知のうえで利用するのは当然のことです。キャッシングについて、計画的に利用する分にはもちろん問題はありませんが、先程いったような「まるで自分の銀行口座ができた」といったような錯覚に少しでも考えが至ったら、滞納や延滞等のリスクが相当高いといえます。十分に気をつけましょう。

もう1つは返済の連絡です。返済について、やはり生活していると色々な出費がありますから、指定期日に入金できないこともあるでしょう。そのときに連絡をしないのは絶対にNG!消費者金融の信頼を損ねて、契約解除になる場合もあります。その際に一括返済を求めてくる業者もありますので、そのあたりもしっかりと注意しておきましょう。さらに、延滞が続けば個人信用情報に傷がつき、一般的に言われるブラックリストに載る状態になってしまいます。